内視鏡手術支援ロボット
「ダヴィンチ Si」

ダヴィンチとは

アメリカで開発された最新鋭の内視鏡手術支援ロボットです。
主にロボット部と操作部で構成され、ロボット部の先端には、メスや鉗子を取り付けることのできる3本のアームとカメラがついています。術者は操作部にある2本のマスターコントローラーを手で、フットスイッチを足で操作します。この遠隔操作によってロボット部のアームが動き、鏡視下手術と同様に患者さんの体に小さな穴を開けて、傷口の小さい低侵襲の手術を行うことができます。
術者は先端のカメラによって画面に映し出される患者さんの立体的な3Dの術野を見ながら、自身の手のように自由自在に動くアームを操作します。540度回転など、人間の手首以上の可動域を持つアームの繊細な動きは、従来の手術に比べ正確性と安全性を向上させます。また、座ったままでの操作が可能で手ブレ防止機能もそなわっているため、術者の負担が軽減され、これが患者さんのさらなる安全にもつながるのです。さらに、1秒間に100万回を超える安全性チェックを実施することにより、常に装置の安全性・信頼性を確認しています。


デュアルコンソール機能

2人の術者が同時に術野で手術を実施することができます。これにより、専門分野の異なる術者が手術で協力することが可能になります。


3D HDビジョン

最高で10倍まで拡大可能な三次元の高解像度HDビジョンで、術野を細部まではっきりと映し出します。この立体化された映像によって、従来の腹腔鏡下手術と違い、奥行を読み取りながらのより精度の高い手術が可能になります。


患者さんのメリット

鏡視下手術と同様に患者さんの体に小さな穴を開けて行うため、鉗子をいれるための8~12mmの傷口が数か所と、開放手術に比べて傷が小さくてすみます。それにより以下のようなメリットがあります。

また、そのロボット機能による優れた操作性と技術は、手術の安全性や精度を格段に高め、患者さんにとってよりよい結果が期待できます。


診療科の取り組み

泌尿器科部長 永田 眞樹

当院では2013年9月より「ダヴィンチSi」による前立腺がん治療での手術を開始しました。従来の開腹手術は血流の多い骨盤内の操作のため比較的出血の多い手術でしたが、ダヴィンチにより出血が少なく、小さい傷で痛みの軽減した手術を行うことができるようになりました。これからも患者さんの負担の少ない医療を目指しています。

費用について

ダヴィンチによる前立腺摘出術については健康保険が適用されます。

お問い合わせ

泌尿器科外来で担当医にご相談ください。

ページの先頭へ