ガンマナイフ(脳神経外科)

ガンマナイフとは

ガンマナイフとは脳病変に対する定位的放射線外科治療の装置です。放射線を一点に集めて治療する原理で、開頭する必要はなく、脳腫瘍、脳動静脈奇形などを治療します。健康保険が適応となっています。当院では、最新型ガンマナイフ治療装置パーフェクションが設備されております。
※当院におけるガンマナイフ治療件数は、平成24年4月に8,000例を超えました。


健康保険、費用

ガンマナイフ治療に対して

平成8年4月1日より健康保険が適応になりました(厚生省告示第21号 平成8年3月8日付官報 号外第50号)。 健保適応に関しては付帯事項はなく脳腫瘍全般、脳血管奇形いずれも適応です。 一つのコンピュータ画面に、複数のCT、MRI、血管撮影画像を取り込み、図のように同時にかつリアルタイムに治療計画ができます。計画は立体でも確認ができます。(GammaPlan v.10)

外来予約

治療日

原則として週3回、月・水・金曜日に1日4例ずつ、計週12例の治療を行っています。多いときには、週13〜16例の治療を行うこともあります。月曜日に治療する場合は土曜日あるいは日曜日に入院していただきます。水・金曜日の場合はその前日です。

ガンマナイフ専門外来

月・水・金曜日(午後2時〜4時30分)にガンマナイフ専門外来を行っております。可能であれば、紹介状やCTないしはMRI等の画像検査結果をご持参ください。ガンマナイフ専門外来は原則として電話による受診予約をお願い致します。(当院予約センター:電話番号:045-474-8882〜4にて承っております)
先生方からのご紹介や適応に関するお問い合わせは、手紙・電話のいずれでも結構です。月〜金曜日(午前9時〜午後5時)に脳神経外科ガンマナイフ担当医師(周藤 高、松永成生)までご連絡下さい。
連絡先:脳神経外科 周藤 高、松永成生

ガンマナイフ治療のために受診される方へのお願い

当院脳神経外科には、ガンマナイフ治療のために関東一円の様々な病院から患者さんが紹介されていらっしゃいます。このため、1日に多数の患者さんが受診されることがあります。
私どもは一人一人の患者さんについて、ガンマナイフの適応を慎重に判断し、詳しく説明させていただき、十分に理解・納得をしていただいた上で治療を行いたいと考えています。そのためにはどうしても一人の患者さんに費やす診療時間が長くなる傾向があり、比較的長い時間お待ちいただくことがあります。長時間お待たせすることは、私どもといたしましても決して本意ではございませんが、治療をお受けになられる患者さんに十分な説明をさせていただくことが最も重要なことであると考えています。
どうか私どもの考えをご理解いただき、ご容赦下さいますようお願い申し上げます。

ガンマナイフの詳しい情報

ページの先頭へ