初期臨床研修医学生の皆様へ(メッセージ)

院長から一言

院長 梅村 敏

ここ横浜労災病院は、地域に根ざした高度医療を提供しています。医師のみならず多くの職種が手に手を取り、患者さんのトータルケアーを目指しています。その特徴は専門性の高い診療を提供しつつも、他院には無い各科の共同作業による総合力を発揮する病院です。
さて、研修医が望む研修病院の理想像は何でしょうか?
おそらくは、診療にあたっての問診やヴァイタルチェックをはじめとする基本的診察能力の獲得と診断の為の必要不可欠な各種検査方法やその手技を系統だって指導され学ぶ事が出来る施設がおそらくは望まれる姿であろうと想像いたします。
救急医としてのプライマリーケアー処置を学びたいとの研修医の希望に納得しますが果たしてそれが初期研修目標でしょうか?医師としての心構えと発想や感性を培うべきで、実学としての実技に溺れると基本的な心構えが見失われ易いと思います。すばらしい各人の個性と特性と実力を当院の指導が邪魔する事無く、日本のみならず世界に通用する医師としての心構えを身につけてほしいと思う次第です。臨床の場で、いつか独立して自分で孤独にその瞬間を判断しつつ、責任を負う事となる時代が来る覚悟をこの病院で身につけて欲しいと思います。当院は、多くの職種を越えて討論する技量と、コミュニュケーション術を育てる病院であると自負しております。
医師になる覚悟と努力を実践できる我が横浜労災病院で初期研修を経験する楽しさを共有しようではありませんか。病院勤務、学者、町医者、大学教員?どの姿を将来に浮かべますか?その前に我々と共に診療の基本と患者への対応を通じて研修医としての心構えと思いを経験してほしいと願っております。

当院の特徴は、

  1. “勤労者医療”、“癌対策”、“脳卒中急性期医療”、“心血管系疾患(心筋梗塞等)”、“糖尿病(生活習慣病)対策”、“救急医療”、“小児医療”、“周産期医療”、“老年病対策”を中心に整備しています。
  2. 地域中核施設として、24時間、365日いつでも安心してかかれる救急診療の充実を行っています。
  3. 地域の開業医や病院、大学と共に連携を強め患者中心の医療の展開を行っています。
  4. 高水準な医療を提供できる環境を整備しています。
  5. 医師のみならず多くの職種にて人材育成と、最先端な高度医療をめざす研究機能の強化を行い、医療の現場に有能かつ心ある医療人を輩出しております。

横浜労災病院は横浜市北東部医療圏の地域中核施設として約25年前に開設された、市内でも有数な病院として発展してきました。母体は労働者健康安全機構で全国に34の労災病院を有し、そして最も新しく設立されたのが当院でもあります。その設立趣旨としては、労災病院群の中でもリーディングホスピタルとして、さらには地域中核施設として名に恥じない医療体制を整備する事が望まれてきました。
上記内容を中心として、患者さんの満足度を高め、安心していただける医療を実践しております。居心地よい快適空間も常に整備しておりますので、患者さんばかりかそれを支えるご家族のみなさんにも満足行く医療内容を提供できるものと信じております。

指導医から一言

救命救急センター 中森 知毅

当院救命救急センターは、横浜市北東部の人口約30万人を背景とし、この地域の救急患者を一手にひきうけています。年間約26,000人の救急患者(救急車約6,700台を含む)を受け入れ、ほぼすべての救急患者の初療を救急専従医3〜4名と研修医3名で対応するER型救急診療を行っています。研修医のみで患者を診療し帰宅させることはありません。当センターでは、BLSやACLS、学会の外傷初期診療ガイドライン(JATEC)を遵守した対応が身につくことを目標に指導を行っています。漫然と所属するだけでは知識や技術は身につきませんが、「自ら望めば多くのことを体験できる病院を探したい」という積極性のある方にとっては、指導医と症例数が多く、充実した2年間がすごせる病院であると思います。

先輩から一言

初期研修医2年次 豊原 佑典

初期臨床研修が始まって早くも1年が経ちました。後輩ができて、先輩研修医として少し背伸びしつつも、まだまだなところが多いなと感じる毎日です。  僕が横浜労災病院を初期研修病院に選んだのは、救急対応の力をつけられること、各科の専門医がいて、指導体制が充実していると感じたからでした。  研修のメインはやはり救急かなと個人的には思いますが、月に4回ほどの救急当番では、偏りなく軽症から重症にかけて幅広い症例をファーストタッチから経験できますし、救急部の指導医が常に指導してくれる環境はとても恵まれています。
 実際に1年間の研修を経て、各科専門の指導医が充実しているだけでなく、 後期研修医など若い先生方が多く集まっており、優秀な世代の近い先生方から多くの刺激をもらえて、近い将来、こういう医師になりたいなどといったモチベーションを保てるいい環境だと思いました。
 もう一点、当院のメリットとして感じたことは、ローテーションを完全に自由に組めることです。研修が始まる前は、ある程度強制的にローテーションを決められた方が、強制的にバランスよく力がついていくからいいのではないかと思っていましたが、初期研修はその2年間だけでなく、将来の志望科や働き先を考える上でとても重要な時期です。その中で1年目から、自分の興味のある科を選択できるのは、大変大きなメリットだと思います。実際に僕は、小児科志望でありましたが、 研修を通して、手術が好きなことに気づいて、産婦人科を志望することにしました。意外と研修してみると、感じ方も変わってくるものですよ。  色々いいところはたくさんありますが、一番いいところは、研修医が楽しく仲良く元気に研修できていることです。快適な研修医室があって、研修で悩んでいる些細なこともお互い話して、 励ましあえる環境です。年に1回は研修医旅行があり、寮生活もみんなでわいわい楽しい日々です。遊びに限らず、月に2回ほど研修医同士で勉強会をしたり、そのほかにもお互い研修を通して、刺激し合って、励ましあえる仲間がいることが一番のいいところだと思います。
 みんな楽しく研修していますので、一度見学にいらしてみてください。全国からの見学をお待ちしております!

初期研修医1年次 大藤 嘉子

「研修病院は、医師としての第一歩を踏み出す場」、「研修病院選びはこの後の医師人生を左右するかもしれない」、そんな風に考えていた私が、横浜労災病院での勤務を希望した理由を紹介したいと思います。
一つ目は、先輩方が実際に診療を行っている姿に魅力を感じたこと。二つ目は、多くの診療科が揃っており、内科の研修も充実していることです。 一つ目が最大の理由であると言えます。私は救急科と小児科で病院実習させていただきましたが、そこで見た研修医の方々の働く姿に感銘を受けました。研修医といえども、責任を持って診療を行いたいと考えていた私がイメージしていた研修医の姿がそこにあったからです。特に救急外来では研修医の先生方が複数名いて、それぞれの先生がそれぞれの患者さんの問診から診察、検査や治療などを行っていました。研修医の先生方同士で、私には到底理解のできないレベルの高い会話が繰り広げられ、指導医の先生からも熱心な指導を受けていました。こういう環境に自分の身を置けば、必ず成長できる、そう確信しました。
二つ目は、診療科が豊富、内科研修がしっかりしていること。将来進む診療科が決まっていてもそうでなくても、研修期間に様々な科で勉強することは貴重な経験になると思います。また、私は特に内科の研修をしっかりやりたいと思っていました。内科の知識は将来どこの診療科に属しても必須だと考えるからです。こうした考えがあり、横浜労災病院が豊富な診療科を構えており、また内科分野の全ての診療科があることは、私にとって非常に魅力的でした。
以上、私が横浜労災病院での勤務を希望した二つの理由を紹介しましたが、まだまだこの病院の魅力はたくさんあります。 このサイトを見ている医学生の皆さん、悩んでいるならまずは病院見学にいらしてください。必ず横浜労災病院の魅力に気が付くはずです。横浜労災病院で、医師としての大切な第一歩を共に歩みませんか。皆さんと一緒に診療する日がくることを楽しみにしております。

ページの先頭へ