• 横浜労災病院|地域医療支援病院・がん診療連携拠点病院・横浜市乳がん連携病院

  • languageOther Language
    • zoom_out_map文字サイズ
    • -標準
    • +拡大
  • roomアクセス
  • 代表電話番号:045-474-8111

地域医療連携

トップページ > 地域医療連携 > 地域医療連携について

地域医療連携について

地域医療連携室について


  • 地域医療連携室長(副院長)
    前原 孝光
  • 当院は2007年9月に地域医療支援病院、2008年2月には地域がん診療連携拠点病院に認定されておりますが、その機能を果たすためには、地域医療機関や医師会・歯科医師会の先生方をはじめ、行政機関、訪問看護ステーションなど様々な方々とのさらなる連携が必須となります。
    地域医療連携室では、2004年4月の開設以来、病診・病病連携の推進のため、地域医療機関との紹介・逆紹介が円滑に行われるように取組んでおり、また、皆様からのご意見・お問合せに対する迅速な対応に努めてまいりました。今後も室員一丸となり頑張りますのでご支援、ご指導よろしくお願い申し上げます。

地域医療連携室

電話:045-474-8345(直通) FAX :045-474-8344(専用)

地域医療連携について

厚生労働省では、質の高い医療を効率的に提供するために、「病診連携」、「病病連携」(※)による医療機関の機能分化を進めています。当院は、急性期医療や専門性の高い医療を行う地域の中核病院として、地域の診療所や一般病院との連携を推進しています。
また、神奈川県から承認された「地域医療支援病院」として、紹介患者さんに対する医療の提供、医療機器等の共同利用の実施等を通じ、地域の診療所を支援する病院と位置づけられています。

「病診連携」「病病連携」って何?

はじめての診療や、慢性期の継続的な病気については、診療所や一般病院等が受け持ち、入院が必要な場合や、より専門的な治療(検査・手術など)については中核病院が受け持つことをいいます。当院でも、診療所や一般病院等から紹介を受けた患者さんに対して専門的な診断・治療を行ったあとは、紹介元の診療所や一般病院等へ逆紹介し、そこで継続的に治療していただくことになります。

「病病・病診連携サービス実態調査」調査結果の報告について

横浜労災病院地域医療支援委員会について

病院の地域医療連携に関する状況について審議し、院長に対し意見を述べる場として、医師会会員、歯科医師会会員、薬剤師会会員、行政職員等で構成される「横浜労災病院地域医療支援委員会」を設置しています。委員会は、年4回開催し、病院運営について貴重な御意見を頂戴しております。

委員一覧

議事概要

※第43回、第44回は書面による会議

労災病院だより

vertical_align_topページ上部へ