がんの患者さんとともに

地域がん診療連携拠点病院

横浜労災病院は、平成20年3月「地域がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。

厚生労働省は、「第3次対がん10か年総合戦略」において、全国どこでも質の高いがん医療を受けることができるよう、がん医療の均てん化(全国どこでもがんの標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術等の格差の是正を図ること。)を戦略目標に掲げ、地域における連携を図りつつ、質の高いがん医療をうけることができる体制を確保するために「地域がん診療連携拠点病院」の設置を進めてきました。 地域がん診療連携拠点病院」に指定された横浜労災病院の役割は以下のとおりとなっています。

診療体制

情報提供体制

研修体制

緩和ケアチーム

当院では「がん」の診断・治療期・終末期のつらい症状をお持ちの入院患者さんに対して患者さんの同意のもとに症状緩和のための『緩和ケアチーム』があります。

チームは、患者さんやご家族の持っている力を生かし、患者さんやご家族がよりよい充実した日々が送れるよう支援することを目的として、主治医や多くの職種が協力して、つらい症状を軽くする検討・実践を行っています。 詳しくは、主治医または病棟看護師にご相談下さい。

臨床研究・臨床試験・治験

がんに関する臨床研究、臨床試験・治験等を行っています。

臨床研究とは、人を対象として行われる医学研究のことです。病気の予防・診断・治療方法の改善や病気の原因の解明、患者さんの生活の質の向上を目的として行われます。医療に活用できる確かな情報とするため、患者さんにご協力いただいて行われるものです。

臨床試験は、臨床研究のうち、治療や指導などの介入を行って、その結果を評価するものを言います。

治験は、臨床試験のうち、新しい薬や医療機器が国の承認を得て一般の診療で使えるように、客観的なデータを集めることを目的として行うものを言います。

臨床研究、臨床試験、治験は図に示すような関係にあります。

臨床研究:人を対象として行われる医学研究
臨床試験:臨床研究のうち薬剤、治療法、診断法、予防法などの安全性と有効性を評価することを
     目的としたもの
治  験:臨床試験のうち、新しい薬や医療機器の製造販売の承認を国に得るために行われるもの

※治験に関する詳しい情報については、厚生労働省ホームページの「ちけん治験」とはをご覧ください。

ページの先頭へ