診療科目

トップページ > 診療科目 > 疾患別センター > 脳定位放射線治療センター

脳定位放射線治療センター

センター紹介

定位放射線治療とは、治療を必要とする病変(腫瘍や脳動静脈奇形)に対して多くの方向から微弱な 放射線を集中させて照射し、結果的に病変部に集中した放射線照射を行う方法です。従来からの一般的 な放射線治療に比較し、周囲の正常組織にあたる線量を極力減少させることが可能となる、いわゆる「切 らずに治すピンポントの放射線治療」です。病変が小さい場合には一回だけの照射で済む場合も多くあ りますが、病変が大きい時や、病変の近くにとても重要な神経組織(視神経や脳幹など)がある場合に は複数回に分けて照射する(分割照射)こともあります。
いずれにしても定位放射線治療とは、周囲脳組織の被爆を極力少なくしつつ病変には強い放射線を照 射する技術であり、理想的な放射線治療であると言えます。もちろん、定位放射線治療ではなく、従来 からの一般的な放射線治療が望ましいこともあります。

脳定位放射線治療センターの治療方針

定位放射線治療は、「切らずに治すピンポイント治療」です。手術をしないで放射線治療だけで治せれば、それが一番良いことは明らかです。脳定位放射線治療センターは以下に述べるガンマナイフ、ノバリスSTxという高精度定位放射線治療装置2台を有するとともに、当院脳神経外科は様々な最新の手術支援システムを用いた直達手術(全身麻酔下に行う開頭手術)も行っています。つまり切らずに治す治療のみならず、切ることが必要な治療も数多く行っており、放射線治療・手術の両方において多くの治療経験とノウハウを有しています。切らずに治すという方針が、長期的に考えて患者さんにとってベストであるとは限りません。脳定位放射線治療センターでは医学的に様々な観点から検討し、患者さんにとって最良と思われる治療方針を提示いたします。
また、転移性脳腫瘍の患者さんにおきましては、当院のがん治療センターと緊密な関係を保ち診療科の枠を越えた横断的な体制のもと、適宜複数診療科の専門医と相談しつつ治療方針を検討します。

脳定位放射線治療センターの放射線治療装置

ガンマナイフ

ガンマナイフは半球状に配置された192個の線源(コバルト60)から出たガンマ線を病変部に極めて正確に集束し高線量として照射します。192個から出るガンマ線は一つ一つは微弱でこれらのビームが集中して高線量となり病巣に正確に当たるようになっており、誤差はミリメートル以下です。192本のガンマ線のビームがレンズの焦点のように一点に集まります。したがって、病変周辺の脳実質や血管などには照射線量は極めて少なく、放射線の影響を最小限に抑えることが可能です。従来の手術では到達困難であった脳深部や危険な部位でも安全に治療できるようになりました。治療に際しては、レクセルフレームと呼ばれる特殊なフレームを局所麻酔下に頭部に装着して治療します。

ノバリスSTx

ノバリスSTxは定位放射線照射専用に開発されたリニアック照射装置です。多方向から照射される放射線をビームごとに強度を変化させて照射する強度変調照射(IMRT)などの多様な治療計画を可能とするソフトウェアと、精度の高い照射技術、赤外線とX線の監視システムによる体動追跡、微修正機能などのハードウェアが最適に融合した非常に優れた装置と言えます。頭蓋内病変の治療においては患者さんの頭部を固定する際のヘッドピンは不要で、マスクによる非侵襲的な固定で照射が可能です。治療適応としては腫瘍体積の大きな病変(転移性脳腫瘍や髄膜腫、下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫などの良性腫瘍)や神経膠腫のようなびまん性に浸潤する腫瘍などが対象となります。ノバリスSTxによりこれらの病変に対して複数回での分割照射が可能となり、高率な腫瘍制御効果が期待できます。

主な実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

ガンマナイフによる定位放射線治療595 件
内訳 脳腫瘍 転移性脳腫瘍 402 件
聴神経腫瘍 42 件
その他 93 件
脳血管障害 脳動静脈奇形 44 件
硬膜動静脈瘻その他 10 件
三叉神経痛 3件
その他 1件

compare_arrows横スクロールで続きを表示

ノバリス STx による定位放射線治療125 件
内訳 脳腫瘍 転移性脳腫瘍 80 件
神経膠腫 20 件
髄膜腫 15 件
その他 10 件

外来案内【紹介制】

当センターの外来診療は月・水・金曜日(14時~16時30分)に3階の脳神経外科外来(A6ブース)で行っています。原則として電話による受診予約をお願い致します。(当院予約センター:電話番号:045-474-8882にて承っております)その際は、「脳定位センター紹介枠」という枠での予約をお願いします。この専門外来では、ガンマナイフに限らずノバリスSTxも含めて各患者さんにとって最適な治療を検討しています。概ね一週間以内には予約が可能となっております。万が一、予約可能日までお待たせしてしまう場合や緊急の際には、遠慮なく周藤(部長)あるいは松永(副部長)までお電話ください。

リンク