運動器センター・
運動器外傷センター

運動器とは、身体運動に関わる骨、関節、筋肉、神経などの総称です。運動器はそれぞれが連携して働いており、どのひとつが悪くても身体はうまく動きません。また、複数の運動器が同時に障害を受けることもあります。

これら運動器(四肢、骨盤、脊椎)疾患の治療に携わるのが運動器センターであり、従来の整形外科を中心に、より専門性の高い脊椎脊髄外科、手・末梢神経外科、人工関節外科を併設しています。また、運動器の外傷治療の中心となる運動器外傷センターを平成26年4月に開設しました。救命救急センターと協力し、Preventable trauma disability(防ぎ得た外傷後遺障害)を減らすべく、機能温存と機能再建を担っています。

ページの先頭へ