治療就労両立支援部

活動概要

労働者健康福祉機構では、勤労者に急増している高血圧、高脂血症(脂質異常症)、糖尿病(高血糖)、肥満などの生活習慣病に対して、予防面からの健康づくりサポートを行うため、これまで各労災病院に「勤労者予防医療センター」及び「勤労者予防医療部」を設置してきました。
平成26年4月からは、新たに治療と就労の両立支援に係る取り組みを加え、「治療就労両立支援センター」及び「治療就労両立支援部」と改称し、以下の活動に取り組むことになりました。

当院では、平成13年度に「勤労者予防医療部」を設置し、生活習慣病の予防医療活動に取り組んできましたが、今回の改編により「治療就労両立支援部」と改め、予防医療モデル事業並びに治療就労支援モデル活動を実施しています。

予防医療モデル事業

この事業では、勤労者の健康確保を図るため、過労死(脳・心疾患)、勤労女性特有の健康障害等の発症予防及び増悪の防止に関する予防医療活動を通じて、事例の集積、集積した事例の分析・評価により効果的な予防法・指導法を開発するための調査研究を実施します。

治療就労両立支援モデル事業

この事業では、がん、糖尿病、脳卒中の罹患者及びメンタルヘルス不調者に対し休業等からの職場復帰や治療と就労の両立支援への取り組みを行い、事例を集積し、医療機関向けのマニュアルの作成・普及を行うこととしています。
当院では、がん及び糖尿病にかかる事例集積への協力を行うとともに、メンタルヘルス不調者に対する「職場訪問型復職支援による治療就労両立支援」に取り組み、その事例集積並びに医療機関向けマニュアルの作成・普及を行います。

予防医療モデル事業 治療就労両立支援モデル事業

ページの先頭へ