消化器内科

診療概要

食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓などの消化器系臓器を全て扱い、初期治療から高度医療に至るまで、高いレベルの診療を目指して診断から治療までを行っています。但し、劇症肝炎、重症膵炎などは昭和大学、横浜市立大学救命救命救急センターなどの専門施設にご紹介する場合があります。

その他、内視鏡的な早期食道癌・胃癌や早期大腸癌切除では、粘膜下切開剥離術(ESD)も導入し、多数の治療を行っています。食道静脈瘤治療、総胆管結石治療、胆管狭窄に対するステント留置、慢性膵炎に対する内視鏡治療、肝臓癌に対する経皮的治療など、高度医療も行なっています。また、外科、放射線科、腫瘍内科等との密接な診療連繋を取り、的確・迅速な治療ができる体制を整えています。

なお、末期(癌)医療は本来緩和ケア医療体制の下で行うべきであるので、緩和医療を主目的とする診療は当科では原則として行っていません。

診療スタッフ

氏名 専門 専門医・認定医等
部長 永瀬 肇 消化器全般 日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器病学会評議員
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器内視鏡学会評議員
日本内科学会研修指導医
日本肝臓学会専門医
日本カプセル内視鏡学会指導医
日本高齢消化器病学会評議員
日本消化吸収学会評議員
内視鏡部部長 川名 憲一 消化器全般 日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器病学会関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
日本内科学会認定内科医・総合専門医
日本肝臓学会専門医
日本消化管学会指導医
健康診断部
副部長
谷 理恵 消化器全般 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会 肝臓専門医
日本人間ドッグ学会 人間ドッグ認定医
日本医師会認定産業医
消化器内科
副部長
関野 雄典 消化器全般
超音波内視鏡診断・治療
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器病学会関東支部評議員
日本肝臓学会肝臓専門医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
日本消化器内視鏡学会学術評議員
医師 内山 詩織 消化器全般 日本内科学会認定医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会胃腸科認定医
金沢 憲由 消化器全般
消化管治療内視鏡
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
梅村 隆輔
(内視鏡部)
消化器全般 日本内科学会認定内科医
日本医師会認定産業医
佐藤 晋ニ 消化器全般 日本内科学会認定内科医
野上 麻子 消化器全般 日本内科学会認定内科医
小林 貴 消化器全般 日本内科学会認定内科医
髙柳 卓矢 消化器全般 日本内科学会認定内科医
尾崎 杏奈 消化器全般  
永嶌 裕樹 消化器全般 日本内科学会認定内科医
鈴木 雅人 消化器全般 日本内科学会認定内科医
白鳥 航 消化器全般  
辻川 真太朗 消化器全般  
非常勤医師 大谷 節哉 治療内視鏡
消化器全般
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器内視鏡学会関東支部評議員
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器病学会関東支部評議員
日本肝臓学会専門医
地口 学 消化器全般
消化管間質腫瘍(GIST)
専門外来
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本医師会認定産業医
がん治療認定医
神奈川GIST研究会世話人

外来診療日

受付時間 8:15〜11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

(注) ★印:部長 ☆印:副部長 
※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。
※初診の方では原則的に診察医を指定することはできません。ご了承ください。

臨床実績

  患者数
平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
外来患者数 95人/日 103人/日 112人/日 117人/日 127人/日
入院患者数 42.2人/日 41人/日 41.3人/日 40.4人/日 46.4人/日
件数
平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
上部内視鏡検査 4500 4740 5020 4630 5027
下部内視鏡検査 2480 2780 2890 2910 3250
内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP) 260 276 358 352 365
内視鏡的ポリープ切除術 粘膜切除術(EMR) 230 355 507 466 540
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 63 93 108 70 79
内視鏡的胃食道静脈瘤結紮術、硬化療法 44 33 32 13 30
超音波内視鏡検査(EUS) 76 155 105 104 388
超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA) 8 10 48

消化管疾患に対する内視鏡治療(内視鏡的粘膜切除術:EMR、ポリペクトミー)
特に早期悪性腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
悪性腫瘍による消化管閉塞に対する消化管ステント
胆膵疾患の超音波内視鏡(EUS)を用いた早期診断
胆道ドレナージ術、膵嚢胞ドレナージ術
非切除進行癌に対する抗がん剤治療
慢性肝炎に対する経口剤によるインターフェロンフリー療法
肝がんに対する局所治療、血管塞栓術
などを積極的に行っています。

消化管腫瘍に対する内視鏡治療

転移の可能性が極めて低く、内視鏡治療による根治が期待できる 早期の食道・胃・大腸癌やその前癌病変に対して積極的に内視鏡治療を行っております。 入院で約1週間の治療を基本としています。

内視鏡的粘膜切除術(EMR)

病変直下の粘膜下層に局注液を注入し、正常粘膜が含まれるようにスネアをかけ病変を絞扼し、 通電切除します。

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)

EMRでは切除ができない2㎝を超える病変に対しては粘膜下層への局注後、ESD用の高周波ナイフ を用いて病変周囲の粘膜切開、直下の粘膜下層を剥離し消化管から病変を一括切除します。 特に術前に悪性を疑う場合には、細径プローブ(UM-3R)を用いた超音波内視鏡による深達度診断を 行います。

早期胃癌に対するESD治療

早期大腸癌に対するESD治療

消化管治療文責:金沢

当科では、胆膵疾患の早期診断、内視鏡治療を積極的に行っています。   

ERCPによる造影検査に続き、必要に応じて以下の治療などを行います

胆道ドレナージ術

胆管狭窄や総胆管結石による胆汁うっ滞に対して、プラスチックチューブステントや金属ステント の留置を行っています。

結石除去術

十二指腸乳頭を切開(EST)あるいはバルーン拡張(EPBD)した後、総胆管や膵管内の結石を 除去します。
多数の総胆管結石が積み上げ状に存在する場合や巨大な総胆管結石の場合には、大口径 バルーン(EPLBD)での乳頭処置を行うことで、少ない処置回数、短時間での治療が可能です。

また、当院では慢性膵炎による膵管内結石に対して、保険診療でのESWL(体外衝撃波結石 破砕術)が可能です。腹痛や膵炎発症などの症状を有する患者様に対しては、 ESWLと内視鏡処置と組み合わせての膵石除去を行っています。

大口径バルーンによる
乳頭拡張術

肝門部胆管癌に対する
両葉金属ステント

膵癌による十二指腸狭窄に対する
十二指腸ステント+胆管ステント

消化管ステント留置術

胆道ステント留置の技術を用いて、悪性消化管閉塞に対して金属ステント留置を行っています。 従来の外科手術(バイパス術)と比較して、低侵襲での症状の改善が期待できます。 対象部位は、食道、胃、十二指腸を基本としていますが、場合によっては大腸がんによる 狭窄症状に対して、外科と協議の上で金属ステントを留置することもあります。

超音波内視鏡検査(EUS)

内視鏡先端に超音波プローベがついた超音波内視鏡検査により、消化管外臓器の診断が 可能です。具体的には、嚢胞を含めた膵腫瘍、消化管粘膜下腫瘍、胆道腫瘍のほか、 消化管に近接したリンパ節や腫瘤の観察が可能です。

超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA)

EUSでの観察で、穿刺適応病変があった場合、EUS-FNAによって病理検査が可能です。 従来細胞採取が困難であった膵体尾部腫瘍や粘膜下腫瘍、リンパ節などを対象にEUSで 病変を視認しつつ19~25Gの穿刺針を用いて生検します。 当科では1泊2日~2泊3日の入院での検査を基本としています。

EUS-FNAに用いる内視鏡
UCT260 (オリンパス社)

膵尾部腫瘍に対する
EUS-FNA

閉塞性黄疸に対するEUS-BD
十二指腸球部から総胆管に直接 
金属ステントを留置しています

超音波内視鏡下嚢胞ドレナージ術(EUS-CD)

EUS-FNAの技術を応用し、経消化管的(胃あるいは十二指腸)に膵仮性嚢胞にチューブを 留置します。従来の外科的ドレナージと比べて低侵襲であり、経皮的ドレナージと比べても チューブが体外に出ることなく治療可能であり、高い治療効果と成功率が期待できます。

超音波内視鏡下胆道ドレナージ術(EUS-BD)

ERCPによる経乳頭的な胆道ドレナージが困難な場合に胃あるいは十二指腸から胆管を穿刺し、 ステントを留置します。従来のPTBD(経皮経肝的胆道ドレナージ)と比較して、チューブが 体外に出ることがなく、金属ステントを用いることで長期間のステント開存が期待できます。

胆膵治療文責:関野

ページの先頭へ