診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 消化器内科

消化器内科

how_to_reg完全紹介予約制

医師紹介

 
  • 副院長
    消化器病センター長
    消化器内科部長
  • 永瀬 肇(ながせ はじめ)
  • ● 卒業年次:
    昭和61年
  • ● 専門分野:

    消化器全般

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本内科学会認定医・研修指導医、日本肝臓学会専門医、日本カプセル内視鏡学会指導医、社会医学系専門医・指導医

 
  • 内視鏡部長
  • 川名 憲一(かわな けんいち)
  • ● 卒業年次:
    平成5年
  • ● 専門分野:

    消化器全般

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本内科学会認定内科医 ・ 総合専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化管学会指導医

 
  • 健康診断部副部長
  • 谷 理恵(たに りえ)
  • ● 卒業年次:
    平成8年
  • ● 専門分野:

    消化器全般

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会認定内科医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本人間ドッグ学会人間ドッグ認定医、日本医師会認定産業医

 
  • 消化器内科副部長
  • 関野 雄典(せきの ゆうすけ)
  • ● 卒業年次:
    平成17年
  • ● 専門分野:

    消化器全般、胆膵系内視鏡診断、治療超音波内視鏡診断・治療

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会消化器病専門医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本超音波医学会超音波専門医

 
  • 消化器内科副部長
  • 内山 詩織(うちやま しおり)
  • ● 卒業年次:
    平成19年
  • ● 専門分野:

    消化器全般、消化管治療内視鏡

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医、日本カプセル内視鏡学会認定医

 
  • 内視鏡部副部長
  • 金沢 憲由(かなざわ のりよし)
  • ● 卒業年次:
    平成19年
  • ● 専門分野:

    消化器全般、消化管治療内視鏡

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会肝臓専門医

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
医師 鈴木 雅人 平成25年 消化器全般 日本内科学会認定内科医
医師 北村 英俊 平成25年 消化器全般 日本内科学会認定内科医
医師 尾崎 杏奈 平成26年 消化器全般 日本内科学会認定内科医
医師 白鳥 航 平成26年 消化器全般 日本内科学会認定内科医
医師 辻川 真太朗 平成26年 消化器全般 日本内科学会認定内科医
医師 森久保 尚美 平成27年 消化器全般 日本内科学会認定内科医
医師 加藤 ゆり 平成28年 消化器全般
医師 芹澤 奏 平成28年 消化器全般
医師 宮崎 夏菜美 平成28年 消化器全般
医師 八木 伸 平成28年 消化器全般
非常勤医師 大谷 節哉 平成3年 治療内視鏡 日本消化器内視鏡学会指導医日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会専門医
非常勤医師 地口 学 平成9年

消化器全般

消化管間質腫瘍(GIST)専門外来

日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医日本消化管学会胃腸科専門医日本救急医学会救急科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医日本内科学会認定総合内科専門医
日本医師会認定産業医
がん治療認定医

診療科紹介

消化管、肝胆膵のすべての消化器系にわたる疾患を扱い、急性期治療から高度医療に至るまで高いレベルの診療を目指しています。
食道・胃・大腸の早期がんに対する内視鏡的切除治療は粘膜下層剥離術(ESD)を基本とし、治療件数は市内の一般病院の中で上位クラスであり、重篤な治療合併症もほとんどなく、安全・確実な治療を実践しています。
胆膵系においては、胆管結石、膵石に対する十二指腸乳頭筋切開術(EST)、大口径バルーン拡張術(EPLBD)などを施行、胆管狭窄症例や胃術後などの治療困難例では、超音波内視鏡(EUS)下胆管穿刺ドレナージやステント留置など、極めて高度な治療を行っています。EUS検査、EUS下穿刺生検(EUS-FNA)とも、東京、神奈川の病院の中でも最上位クラスの件数を誇っています。
ヘリコバクター・ピロリ除菌治療、C型肝炎に対する直接作用型経口抗ウイルス薬(DAA)治療、B型肝炎に対する核酸アナログ製剤経口治療、逆流性食道炎、炎症性腸疾患、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性胆管炎、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)などほとんどの消化器系疾患における診断・治療も行っています。
巨大肝嚢胞、原発性肝がん、放射線性直腸炎などの治療に困る症例も、経皮的穿刺治療やアルゴンプラズマ凝固法(APC)など、良好な治療成績をあげています。
イレウス、急性胆嚢炎などは治療開始初期から外科と綿密な連携を取って、外科的治療が必要な場合には遅滞なく対応できるようにしています。
進行がんに対する化学療法、放射線療法においては、腫瘍内科や放射線治療部と密接に連携し、肝がんの肝動脈化学塞栓療法や出血性胃十二指腸疾患の内視鏡治療難渋例では放射線IVR科と密接に連携し、それぞれ最適な治療を行っています。
以上のように、一般的な消化器疾患から救急症例、高度治療症例まで、あらゆる症例を積極的に受け入れて地域医療支援病院としての貢献に努めています。

施設認定

  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化管学会
  • 日本カプセル内視鏡学会

主な実績

臨床実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

件数
平成25年度平成26年度平成27年度平成28年度平成29年度
上部内視鏡検査 5,020 4,630 5,027 5,307 5,392
下部内視鏡検査 2,890 2,910 3,250 3,134 3,184
逆行性胆管膵管造影検査(ERCP) 358 352 365 523 607
超音波内視鏡検査(EUS) 105 104 388 542 661
内視鏡的ポリープ切除術 粘膜切除術(EMR) 507 466 540 580 542
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 108 70 79 95 108
食道静脈瘤結紮術、硬化療法 32 13 30 12 9
消化管ステント留置術 20 18
乳頭切開術(EST)、採石術 79 59 105 109 126
乳頭大バルーン拡張術(EPLBD) 18 18
超音波内視鏡下吸引針生検(EUS-FNA) 8 10 48 76 93
超音波内視鏡下治療(interventional EUS) 6 8 10

外来案内

診察時間

新患

★川名 北村 森久保

☆関野 辻川 宮崎

☆内山 鈴木 尾崎

〇永瀬 加藤 芹澤

☆金沢 白鳥 八木

午前/再来

☆内山

〇永瀬

八木

★川名

☆谷

午後/再来

☆関野 辻川 加藤

☆金沢 鈴木 芹澤

北村 地口 白鳥

森久保

☆谷 尾崎 宮崎

(注)○印 : 副院長兼部長 ★印 : 部長 ☆印 : 副部長
受付時間 8:15 ~ 11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。
※初診の方では原則的に診察医を指定することはできません。ご了承ください。

当科ではすべての医師が消化器系全般の疾患に対応します。
月曜日~金曜日まで、部長、または副部長が初診外来を担当・指導しており、どの医師が診療にあたっても適切な対応ができる体制を整えていますので、曜日にこだわらずご紹介頂くようお願いしております。専門性の高い対応が必要な場合には、医師の専門性に合わせて診療担当医を調整させて頂くことがあります。
消化管間葉系腫瘍(GIST)においては、水曜日午後の地口医師が神奈川県でも屈指の症例数を経験し極めて専門性が高いため、ご紹介頂く場合月~金曜日9:00~16:00に消化器内科外来看護師にお問合せ頂き、受診予定日をご相談ください。
紹介初診枠は随時枠数を調整し1週間以内に予約枠が取得できるように心がけています。緊急対応が必要な場合には、病状に応じて消化器内科救急担当医師か、救急部にて対応致します。医師の診療状況により対応が異なるため、日中は消化器内科外来、17:00以後の夜間や休日は救急外来にご連絡頂けると幸いです。

消化器内科コラム

  • 2018/08/16 UP

    消化器内科では、胆膵疾患の早期診断、内視鏡治療を積極的に行っています。

    消化器内科

    add詳細を見る

  • 2018/08/16 UP

    消化管腫瘍に対する内視鏡治療

    消化器内科

    add詳細を見る

add一覧を見る