診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 眼科

眼科

how_to_reg完全紹介予約制

医師紹介

 
  • 眼科部長
  • 加藤 徹朗(かとう てつろう)
  • ● 卒業年次:
    平成12年:横浜市立大学医学部卒
  • ● 専門分野:

    網膜硝子体・白内障

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本眼科学会専門医、PDT 認定医

 
  • 副部長
  • 佐藤 美紗子(さとう みさこ)
  • ● 卒業年次:
    平成19年
  • ● 専門分野:

    網膜硝子体・白内障

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本眼科学会専門医、PDT 認定医

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
医師 迫野 卓士 平成24年 眼科一般 日本眼科学会専門医
医師 井口 聡一郎 平成27年 眼科一般
医師(非常勤) 宇井 牧子 平成18年 小児・斜視・眼瞼 日本眼科学会専門医
視覚障害者用補装具適合判定医師
小児慢性特定疾病指定医

診療科紹介

当科では地域の中核病院として、白内障、網膜硝子体疾患、緑内障をはじめとした幅広い領域の眼科疾患の治療にあたっております。地域医療機関と緊密な連携の下に、主に手術治療が必要な急性期疾患の治療に専念しており、慢性期には近医のホームドクター(かかりつけ医)に治療をお願いしていますので、当院初診の方は紹介状をご持参くださいますようお願いします。
治療を行う上では十分な説明を最も重視し、またセカンドオピニオンや他の専門医への紹介には躊躇なく取り組んでいます。

診療内容

網膜硝子体疾患

当院は網膜硝子体疾患を専門(得意分野)としております。増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血などの疾患に対して、最新の機器を用いた硝子体手術を行っています。特に黄斑疾患については27ゲージシステムという創口の大きさが0.4mmと非常に小さな方法で低侵襲な手術が可能です。年間手術件数は150件以上で、年々増え続けています。
加齢黄斑変性、糖尿病網膜症による黄斑浮腫、網膜静脈閉塞症による黄斑浮腫、近視性脈絡膜新生血管などに対して、抗VEGF治療を行っています。

白内障

当院では、入院による白内障手術(水晶体再建術)を行っています。全身疾患のある方、体の不自由な方、ご高齢の方、その他の事情で日帰り手術困難な方だけでなく、それ以外の方でも入院手術は可能です。年間手術件数は約1,000件です。特殊な白内障関係の手術にも対応しております。小瞳孔、チン小帯脆弱例、成熟白内障、強度近視等の難症例にも対応します。(小児の白内障手術は行っておりません)以前に白内障手術を受けられた方で、眼内レンズの位置がずれたり、眼の中に落下したりした症例に対して、眼内レンズ摘出と眼内レンズの強膜内固定術を行っています。

多焦点眼内レンズ手術について
当院では先進医療となる「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」を行っています。先進医療とは、国民の安全性を確保し、患者負担増大を防止、国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するものです。当院は、先進医療を行う施設として厚生労働大臣に承認されています。従来の白内障手術は単焦点眼内レンズといって、ピントの合う距離が1か所であったのに対して、この多焦点眼内レンズは遠方と近方など複数箇所にピントを合わせることが出来ます。その結果、手術後に眼鏡をかける必要性がかなり低くなります。眼鏡をかけたり外したりするのがわずらわしいと感じる方はご相談ください。当院で取り扱っている多焦点レンズは、国内承認レンズに限ります。国内未承認レンズは取り扱っておりません。
当院で使用している多焦点眼内レンズは、2焦点タイプのテクニスマルチフォーカル®(+2.75、+3.25、+4.0の3種類)と焦点拡張型のテクニスシンフォニー®(ZXR00)と乱視用焦点拡張型のテクニスシンフォニートーリック®です。(2018年9月現在)多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は先進医療となります。手術・レンズ代が自費診療で、手術前後の診察・検査・投薬・入院料等は保険診療となります。
乱視矯正なし片眼340,000円(手術・レンズ代)乱視矯正あり片眼360,000円(手術・レンズ代)
※術前、術後の定期検査、投薬は通常の保険診療となります。(健康保険証により金額が変わります)

緑内障

静的量的視野検査、動的量的視野検査、光干渉断層計(OCT)での経過観察が可能です。点眼治療だけでは緑内障の進行が抑えられない場合には各種レーザー治療(虹彩切開術、選択的線維柱帯形成術(SLT)、毛様体凝固)、冷凍毛様体凝固、各種手術(線維柱帯切除術、隅角癒着解離術、周辺虹彩切除術、緑内障アーメドチューブシャント手術)を行っています。

小児眼科・斜視

斜視、弱視をはじめとする子どもの眼科疾患についても治療を行っております。必要に応じて斜視や睫毛内反等に対する手術加療を全身麻酔下にて行います。また成人斜視治療にも積極的に取り組んでおり、眼位ずれの程度を丁寧に検査したうえで、手術が必要な場合には最適な術式を検討しています。2015年より斜視に対するボトックス療法が可能となり、当院でも治療を受けられます。(保険診療)。手術に抵抗のある方や、手術のリスクが高い方、発症して間もない脳神経麻痺による斜視の方などがボトックス治療のよい適応です。(宇井牧子)

眼瞼下垂、眼瞼皮膚弛緩症、眼瞼内半症(逆さまつげ)

当院では、炭酸ガスレーザーを用いた眼瞼手術を行っております。
まぶたはもともと血流が豊富で腫れやすい組織ですので、術後は皮下出血で紫色になったり、腫れたりすることがあります。炭酸ガスレーザーを使用することで、切開した部分からの出血が少なくて済み、術後の内出血や腫れをより少なくすることができます。
美容形成を目的としたものではなく、保険適応の手術です。

主な検査・医療機器

蛍光眼底造影検査、脈絡膜蛍光眼底造影検査、網膜光凝固、虹彩・隅角光凝固、後発白内障切開、動的・静的視野検査、網膜電図検査(ERG)、眼球運動検査(Hess)、超音波断層検査(A.B モード)、角膜内皮細胞顕微鏡検査(角膜厚計測)、屈折視力検査、両眼視機能検査、精密眼圧検査、中心フリッカー検査、眼底3次元画像検査(OCT)、調節機能検査(アコモドメーター)、斜視シノプト検査光学式眼軸長測定装置、角膜形状解析装置などです。

施設認定

当院は、先進医療を行う施設として承認されています。先進医療として認められた多焦点眼内レンズ挿入術は自費負担となりますが、手術前や手術後の診察は保険適応となり、患者さんの負担が減ります。

主な実績

臨床実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

見出し平成26年度平成27年度平成28年度平成29年
1月~12月
白内障手術 多焦点眼内レンズふくむ 808 件 823 件 840 件 961 件
網膜硝子体手術 糖尿病網膜症 黄斑疾患 網膜剥離 など 114 件 123 件 107 件 179 件
緑内障手術 濾過手術 チューブ手術 など 4件 5件 2件 5件
斜視手術 21 件 17 件 34 件 39 件
その他手術 霰粒腫 翼状片 など 40 件 32 件 6件 9件
レーザー手術 網膜光凝固 緑内障 など 185 件 130 件 143 件 147 件

外来案内

診察時間

午前/新患

★加藤 ☆佐藤(美)

☆佐藤(美) 迫野

★加藤 井口

★加藤 迫野

☆佐藤(美) 迫野

午前/再来

★加藤 ☆佐藤(美) 井口

迫野

井口

★加藤 迫野 井口

☆佐藤(美) 迫野

午後

(白内障外来第1週)
(網膜・黄斑外来 第3週)
(硝子体注射)

宇井

(緑内障外来第5週)
(硝子体注射)

小児・斜視外来

(注)★印 : 部長 ☆印 : 副部長