診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 整形外科

整形外科

how_to_reg完全紹介予約制

医師紹介

 
  • 副院長
    運動器センター長
  • 三上 容司(みかみ ようじ)
  • ● 卒業年次:
    昭和58年
  • ● 専門分野:

    末梢神経外科、腕神経叢外科、マイクロサージャリー、手外科、機能再建外科

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本整形外科学会専門医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本手外科学会認定手外科専門医

 
  • 整形外科部長
    脊椎脊髄外科部長
  • 三好 光太(みよし こうた)
  • ● 卒業年次:
    昭和62年
  • ● 専門分野:

    脊椎・脊髄外科、脊髄脊椎腫瘍、小児脊椎、 側弯脊柱変形、マイクロサージャリー

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

 
  • 運動器外傷センター長
  • 小林 誠(こばやし まこと)
  • ● 専門分野:

    四肢骨折、最小侵襲骨接合

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本専門医機構 整形外科専門医、日本骨折治療学会評議員

 
  • 手・末梢神経外科部長
  • 山本 真一(やまもと しんいち)
  • ● 卒業年次:
    平成2年
  • ● 専門分野:

    末梢神経外科、マイクロサージャリー、手外科、脊椎・脊髄外科、 運動器外傷

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医、日本手外科学会認定手外科専門医、日本整形外科学会運動器リハビリテーション医

 
  • 整形外科副部長人工関節外科 副部長
  • 小泉 泰彦(こいずみ やすひこ)
  • ● 卒業年次:
    平成14年
  • ● 専門分野:

    関節外科、人工関節外科、リウマチ治療

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医

 
  • 整形外科副部長脊椎脊髄外科 副部長
  • 竹下 祐次郎(たけした ゆうじろう)
  • ● 卒業年次:
    平成14年
  • ● 専門分野:

    脊椎・脊髄外科、小児脊椎・側弯脊柱変形

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本整形外科学会専門医、日本脊椎脊髄病学会認定指導医、日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
医師 高橋 寛 平成17年 関節外科
外傷・一般整形
日本整形外科学会専門医
医師 齊木 文子 平成17年 脊椎・脊髄外科脊椎内視鏡
外傷・一般整形
日本整形外科学会専門医
日本脊椎脊髄病学会認定指導医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
医師 清水 玄雄 平成20年 脊椎・脊髄外科
外傷・一般整形
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
医師 鮫島 慎 平成20年 関節外科 スポーツ整形
外傷・一般整形
日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
障害者スポーツ医
医師 坂本 龍司 平成22年 脊椎・脊髄外科
外傷・一般整形
日本整形外科学会専門医
医師 杉村 遼太 平成22年 手外科
外傷・一般整形
医師 加藤 健一 平成24年 関節外科
外傷・一般整形
医師 戸澤 慧一郎 平成24年

脊椎・脊髄外科

外傷・一般整形
医師 山下 哲 平成25年 関節外科
外傷・一般整形
医師 中川 知郎 平成26年 外傷・一般整形
医師 桑畑 健太郎 平成26年 外傷・一般整形
医師 西澤 光洋 平成27年

脊椎・脊髄外科

外傷・一般整形
医師 志賀 研人 平成27年

脊椎・脊髄外科

外傷・一般整形

診療科紹介

整形外科は、四肢・骨盤や脊椎・脊髄(運動器)の疾患・外傷を扱う診療科です。四肢の運動器とは、肩・肘・手・指・股・膝・足などの関節、これらを支えている骨・軟骨・筋肉・神経・血管などを指します。脊椎は、体を支えている背骨であり、背骨の障害や背骨の中を通っている脊髄や神経根も対象としています。
脊椎脊髄外科は、整形外科の分野のなかでも、高度な技術と専門性を要求される分野で、主として背骨(脊椎)および背骨の中を通る神経(脊髄)の疾患、外傷、腫瘍を取り扱います。手・末梢神経外科(平成26年4月より名称変更)では、疾患や外傷による上肢(肩・肘・手・手指)機能障害に対する機能再建を図るべく、専門的診療を行っています。人工関節外科では、変形性関節症・関節リウマチ・骨壊死など関節疾患治療に重点を置いています。
当科では現在17名の医師が、診断・治療にあたりますが、特に脊椎・脊髄、手・末梢神経、股・膝関節、リウマチの疾患や外傷が非常に多く、それぞれの専門医が治療にあたります。頚髄症、頚椎後縦靱帯骨化症、脊髄腫瘍、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腕神経叢損傷、肘部管症候群、手根管症候群、変形性股関節症、変形性膝関節症、膝半月板損傷、リウマチ性関節疾患などが当科の非常に多い代表的疾患です。また、労働災害・交通事故などに伴う外傷は多くが四肢・骨盤・脊椎の外傷を合併しており、運動器外傷センター(平成26年4月より開設)として対応する緊急手術が多いのも特徴です。いずれの分野も、十分な説明・低侵襲・高い安全性を心がけ、早期離床・早期機能回復に努めています。当科では、急性期病院として手術を要する疾患・外傷をその主たる治療対象としており、ロコモティブシンドローム・骨粗鬆症など慢性疾患で薬物療法・理学療法の対象となる方や、外傷であっても手術を要しない場合、近隣の医療機関と連携を図った上で、治療を行っています。
また、平成20年1月からは午前の「整形外科一般外来」に加え、午後には「脊椎脊髄外科」、「手・末梢神経外科」、「リウマチ・人工関節外科」の専門外来を開設しました。これらの専門外来は、初診からそれぞれの専門医のみが診察にあたり、午前の一般整形外科外来と同様に予約が可能です。さらに三上副院長・運動器センター長および三好整形外科部長・脊椎脊髄外科部長については指名初診予約が可能です。

施設認定

  • 日本整形外科学会認定医制度研修施設
  • 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科専門医基幹研修施設
  • 日本手外科学会認定施設

主な実績

手術実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

見出し平成27年平成28年平成29年
整形外科年間総手術件数 1931 1987 2168
  脊椎脊髄外科 355 377 398
    頸椎 72 89 86
    胸椎 37 36 67
    腰椎 211 220 213
    靱帯骨化症 13 10 13
    脊髄・脊椎腫瘍 20 20 22
    側弯症・脊柱変形 15 28 35
    脊椎外傷 22 31 29
    インストルメンテーション 153 180 196
末梢神経外科 46 53 52
  腕神経叢損傷 9 6 7
  手根管症候群 20 29 29
  肘部管症候群 5 12 4
手外科 316 278 334
人工関節外科 169 170 181
  人工股関節置換 69 67 84
  人工膝関節置換 86 101 95
  人工肘・指関節置換 4 2 2
人工骨頭置換 61 36 55
関節外科・スポーツ整形外科
  関節鏡視下手術 22 16 20
入院治療実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

(2015 年度、全国DPC 対象 3017 病院統計より)

年間入院治療患者数神奈川県内順位全国順位
頚部脊柱管狭窄症 109 人 2位 33 位
腰部脊柱管狭窄症 430 人 1位 12 位
椎間板ヘルニア 109 人 4位 46 位
頚椎頚髄損傷 34 人 2位 19 位
上肢末梢神経麻痺 27 人 1位 89 位
人工関節置換術 171 人 12 位 154 位
肘周辺骨折 60 人 1位 14 位
手関節周辺骨折 31 人 7位 79 位
下腿足関節周辺骨折 26 人 8位 57 位
骨盤損傷 20 人 7位 91 位

外来案内

診察時間

8:30~

★小林 ☆小泉

★三好

○三上 ★山本 ☆小泉

★山本 ☆竹下

★三好 ☆竹下

9:00~

高橋 鮫島(10: 30~) 杉村 山下 佐藤

高橋 齊木 清水 戸澤 浦山

鮫島 杉村 山下 中川

齊木 坂本 戸澤 中川

清水 坂本 佐藤 志賀

専門外来 14:00~

リウマチ・人工関節外科

脊椎脊髄外科

リウマチ・人工関節外科
手・末梢神経外科

(午前)脊柱脊髄外科
手・末梢神経外科

脊椎脊髄外科

装具

京王義肢

田沢製作所(午前)

京王義肢

鉄道弘済会(午前)

田沢製作所

(注)○印 : 副院長 ★印 : 部長 ☆印 : 副部長
「整形外科一般外来」、専門医による「脊椎脊髄外科」、「手・末梢神経外科」、「リウマチ・人工関節外科」、さらに「三上副院長・運動器センター長」、「三好整形外科部長・脊椎脊髄外科部長」、それぞれの初診予約が可能です。