診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 小児科・小児外科・新生児内科

小児科・小児外科・新生児内科

医師紹介

 
  • 副院長
    こどもセンター長
    新生児内科部長
  • 城 裕之(しろ ひろゆき)
  • ● 卒業年次:
    昭和54年
  • ● 専門分野:

    新生児、感染症

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本小児科学会専門医・指導医、感染症専門医・指導医、インフェクションコントロールドクター(ICD)、周産期(新生児)専門医暫定指導医、NCPR インストラクター、慶應義塾大学医学部小児科学教室客員准教授、医療ビジネス経営学修士(h-MBA)

 
  • 小児科部長
  • 菊池 信行(きくち のぶゆき)
  • ● 卒業年次:
    昭和61年
  • ● 専門分野:

    糖尿病、内分泌・代謝

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本小児科学会小児科専門医・指導医、日本糖尿病学会専門医、横浜市立大学医学部臨床教授

 
  • 小児科副部長
  • 咲間 裕之(さくま ひろゆき)
  • ● 卒業年次:
    平成17年
  • ● 専門分野:

    循環器

  • ● 学会専門医・認定医:

    小児科専門医・指導医・小児循環器専門医

 
  • 小児科副部長
  • 小笹 浩二(おざさ こうじ)
  • ● 卒業年次:
    平成17年
  • ● 専門分野:

    アレルギー

  • ● 学会専門医・認定医:

    小児科専門医・指導医・アレルギー専門医

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
新生児内科 内田 陽子 平成12年 新生児・小児科一般 小児科専門医・指導医
新生児内科 松井 美優 平成15年 新生児 小児科専門医・指導医・周産期専門医(新生児)・NCPRインストラクター
新生児内科 古谷 智子 平成16年 新生児 小児科専門医・指導医・周産期専門医(新生児)・NCPRインストラクター
小児科 芝田 明和 平成20年 感染症 小児科専門医・指導医・インフェクションコントロールドクター
小児科 池ヶ谷 武志 平成25年 小児科一般・新生児
小児科 田角 悠子 平成26年 小児科一般
小児科 橋口 万里奈 平成26年 小児科一般
小児科 細川 未来 平成26年 小児科一般・新生児
小児科 境 里彩 平成27年 小児科一般
小児科 山西 純 平成28年 小児科一般
小児外科 齋藤 江里子 平成15年 小児外科 外科専門医

診療科紹介

当院は横浜市北東部中核施設として平成3年に開院した病院です。当センターは「最良の小児プライマリーケアの提供」、「母と子に優しい周産期医療」、「総合診療マインドを持った小児科医の育成」をモットーとして診療を行っています。小児精神疾患、小児悪性腫瘍を除くほとんどの分野の2次~2.5次の小児医療に対応することのできる体制を整えており、入院が必要な患者さんについては2南病棟(小児科26床)で治療を行っています。平成27年4月からは小児外科の常勤医が配属され、多くの小児外科疾患への対応も可能になりました。
当院は横浜市小児救急拠点病院に指定されており、小児救急疾患については救急救命センターで24時間365日小児科医が対応しています。患者さんの重症度を問わず、他の医療機関からの紹介のあるなしを問わず診療していますが、医療安全の観点から、看護師による診察前トリアージを実施し、緊急性に応じた適切なタイミングでの診察を心がけています。病状がきわめて重症で、高次施設での小児集中治療管理が必要なケースでは、当科で適切な初期対応を行ったのちに搬送しています。
小児総合診療を実践する観点から、専門外来も充実させています。とくに、神経、内分泌、アレルギー、腎臓、循環器外来には沢山の患者さんをご紹介頂いています。平成30年度からは小児糖尿病と内分泌・代謝を専門とする部長があらたに赴任したため、これらの疾患を受け入れることも常時可能となりました。さらに、昨年夏から不在であったアレルギー専門医の赴任にともないアレルギー外来を拡充し、経口負荷試験の入院待ち期間短縮も予定しています。また、小児保健活動にも力を入れており、乳児健診(育児相談)、予防接種、結核検診、乳幼児心理発達外来を行っています。
病診連携の一環として、平成18年1月から、横浜市東部小児科医会の開業小児科の先生方を中心にご協力頂き、24時間365日の小児救急医療体制を支援して頂くこととなり、「地域連携小児夜間・休日診療」の施設基準が承認されました。
開院以来、未熟児・新生児医療にも力をいれ、県の周産期救急システムの中核病院の役割を担ってきましたが、平成30年度は新生児内科医師不足のため、母体搬送・新生児の受け入れを一部制限する場合がありますが、平成31年度からは元の体制に戻る予定です。

  • 小児科専門研修支援施設
  • 周産期(新生児)専門医研修基幹指定施設
  • アレルギー専門医教育研修施設
  • 小児入院医療管理料加算2算定施設
  • 新生児特定集中治療室管理料1算定施設
  • 横浜市小児救急拠点病院
  • 神奈川県周産期救急事業横浜地区中核病院
  • 横浜市メディカルショートスティ制度協力施設
  • 神奈川県先天性代謝異常検査地域協力病院

主な実績

2017 年1月~12月小児科・小児外科入院患者実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

疾患名入院患者数
呼吸器感染症 308
小児外科疾患 120
けいれん 119
ぜんそく 115
アレルギー 106
消化器感染症 66
川崎病 58
その他感染症 50
尿路感染症 38
消化器疾患 11
中枢神経感染症 11
IgA 血管炎 10
外傷 9
腎疾患 8
皮膚軟部感染症 8
内分泌疾患 8
血液疾患 6
中毒・事故 5
その他・検査 81
合計 1137
新生児内科臨床実績(過去 5 年間)

compare_arrows横スクロールで続きを表示

年度2013年2014年2015年2016年2017年
総分娩数(双胎は 1 件と計算) 887 833 901 868 831
NICU 228 276 267 251 229
亜急性期転院を含む 29 週以下 14 15 15 15 17
30~ 33週 23 20 19 20 11
34~ 36週 58 54 62 61 54
37 週以上 133 187 182 155 147
GCU 181 187 194 174 246
超低出生体重児 < 1000g 院内発生 5 5 7 4 6
極低出生体重児 1000 ~ 1499g 院内発生 8 15 12 8 9
人工換気症例(nDPAP を除く) 31 39 54 42 34
低体温療法実施症例 4 4 9 7 5

専門外来

午前中は紹介および一般外来を行っています。受付時間は、午前8時15分から11時までです。再来は原則として予約制です。初診の患者さんは、できるだけかかりつけの医療機関からの紹介状を持参してください(紹介状はファックスでも結構です。小児科外来ファックス 045-474-8293)。
午後は専門外来を行っています。専門外来は全て予約制となっています。予防接種外来と育児相談は電話予約が可能ですが、その他の専門外来は、一度、午前中の一般外来を受診して頂いてからの予約となります。

予防接種外来:内田医師 他

毎週月曜日~金曜日午後(変更となることがありあますので確認して下さい)。
ご希望の方は、小児科外来までお電話を下さい(電話受付時間:平日午後3時から4時30分まで)。また、卵アレルギー等のアレルギーの既往があり、かかりつけ医で予防接種を行うことのできなかった場合もご相談下さい(できるだけ紹介状をご持参下さい)。

アレルギー外来:小笹浩二医師

毎週木曜日。日本アレルギー学会認定アレルギー専門医を含む医師が食物アレルギー患者と気管支喘息患者を中心にフォローしています。食物アレルギー負荷試験の相談も行っています。

神経外来:武下草生子医師(横浜市立大学市民総合医療センター)

第1・3火曜日午前。てんかん・精神運動発達遅滞の患者を中心にフォローしています。

内分泌・代謝外来:菊池信行医師

毎週火曜日。低身長、小陰茎、甲状腺疾患、糖尿病など幅広く診療を行っています。内分泌負荷試験の相談も行っています。

小児外科外来:中田光政医師(千葉大学小児外科)

毎週火曜日午前中のみ。鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣、包茎、臍ヘルニア等の診療を行います。火曜日には手術も行っています。

育児相談(乳児健診):交代

毎週月曜日・火曜日午後(変更となることがありあますので確認して下さい)。
横浜市の方は母子手帳の無料券を使用することができますのでご持参下さい。無料券がない場合は自費診療となります。ご希望の方は予約センターへ電話して下さい。対象は当院の診察券を持っている方のみとさせて頂いています。
電話受付時間:平日8:15から17:00まで
予約センター電話番号:045-474-8882

心理発達外来:三宅篤子臨床心理士(東京経営短期大学こども教育学科教授、他)

第1、3水曜日。新生児期にNICUで集中治療を受けられた方、現在成長発達に課題をもっていられる方に心理発達検査を受けていただく外来です。当科常勤医師の診察をまず受けていただいてから、ご予約をお取りすることになります。

NICUフォローアップ外来:城医師、松井医師、古屋医師

毎週木曜日午後。

心臓外来:咲間医師

毎週金曜日。

腎臓外来:町田裕之医師(横浜市立市民総合医療センター)

第1、第3水曜日午後。学校検尿、3歳時検尿で要精査になった方と慢性腎疾患の方を中心に診療を行っています。

シナジス外来:内田医師、交代制

毎週金曜日午後。RSウイルス感染流行期の8月~4月頃に実施しています。

※発達・発育のフォローは今年度、行っておりません。

病棟

小児病棟(2階南病棟)

ベッド数:34床(個室:4室、2人部屋:3室、4人部屋:4室、8床 1室)
面会時間:午後12時30分から午後8時まで

救急外来受診について

受診をご希望の方

当科救急外来は、当科に受診したことのあるなしにかかわらず、どなたでも受診できます。1階救急外来で当科医師が診察いたします。
平日午前11時以降、および夜間・休日に受診をご希望の方は、当院代表電話番号より救急外来へ電話をして、病状とお持ちの場合は診察券の番号をお伝え下さい。なお、平日11時までは小児科外来で通常の診察を受け付けておりますが、病状が重い場合は救急外来で診察いたしますので、ご連絡ください。

救急外来について

救急外来は、救急治療・救命処置を必要とする患者さんを対象としています。受付後、まず看護師によってトリアージ(緊急性の評価)をさせていただき、その結果によっては他のより重症な患者さんの診療を優先させていただくことがあります。投薬は、原則として必要最低限のみとなりますので、あらかじめご了承下さい。

医療機関からの患者さん紹介

病診連携を円滑に行うため、当科初診の場合には紹介状を患者さんにお渡しいただくようにお願い致します。直接、患者さんに紹介状を手渡す時間的余裕のない場合は、小児科外来(045-474-8293)または救急外来(045-474-8166)へファックスをお送り下さい。

夜間帯または休日に患者さんを紹介される場合には小児救急担当医へ前もって電話連絡をお願いします。

病状が改善した場合には、ご紹介頂いたかかりつけの医療機関に戻っていただく方針(逆紹介)ですので、ご協力をお願い致します。

平日に患者さんを紹介される場合、あらかじめ予約を取ることも可能です。その際には、予約センター(045-474-8523)へ、医師会で定められた書式の紹介状をFAXでお送り下さい。予約日時をご連絡します。

外来案内

診察時間

午前

★菊池
☆小笹

〇城
☆咲間
交代制
(小児外科)
中田
(神経 第1・3週)
武下

〇城
交代制
(心理発達 第1・3週)
三宅
(結核)
芝田

★菊池
☆咲間
交代制
(アレルギー)
☆小笹

〇城
交代制
(神経 第3週)
石塚
(循環器外来)
☆咲間

午後

(1ヶ月健診)交代制
(育児相談)交代制

(内分泌)★菊池
(育児相談 第1・2・3・4週)交代制

(予防接種)

内田 交代制 
(内分泌 第2・4週)
佐々木(悟)
(腎臓 第1・3週)
町田
(1か月健診)
交代制

(NICUフォロー)

〇城 飛彈(第2・4週) 交代制
(予防接種14:00~)
交代制
(アレルギー)
☆小笹

(予防接種)
内田 交代制
(循環器外来)
☆咲間

(注)○印 : 副院長 ★印 : 部長 ☆印 : 副部長

小児科外来の受付時間は、午前8時15分から11時までです。再来は、原則として予約制です。初診の患者さんは、原則として紹介状を持参してください。紹介状は、かかりつけの医療機関からのFAXでも結構です(小児科外来のFAX番号は、045-474-8293です)。初診で受診する場合には、患者さんに紹介状を渡した後、患者さん自身に予約センターに電話をして予約を取って頂いても結構ですし、登録医の先生方が地域連携室に電話をして登録医枠を予約して頂いても結構です。予約なしで紹介状を持参された場合にも、できるだけ待ち時間が発生しないように診察を致しますが、出来るだけ事前の予約をお勧めします。
アレルギー、内分泌、循環器、小児外科疾患の紹介は、それぞれの専門医が一般外来に出ている曜日に紹介して頂くとスムースです。神経、腎外来は、外部から専門家に来て頂いていますので、一度、午前中の一般外来へご紹介ください。
頭部・四肢外傷などの明らかに小児内科では対応困難な症状については、当該診療科への紹介をお願いします。中学3年までの小児の消化器外科疾患(虫垂炎など)は小児外科医が担当します。
緊急性のある場合や小児外科の外来日以外の日に小児外科疾患をご紹介頂く場合には、平日はこどもセンター長または小児科部長に、夜間・休日は小児科当直医までご連絡ください。なお、小児外科外来は、都合により2018年10月~2019年3月の期間、毎週や火曜日午前中のみの診療となります。