放射線科放射線治療科・放射線診断科・放射線IVR科

診療概要【放射線診断科・放射線IVR科】

放射線科の紹介

放射線科は、内科、外科などの臨床各科と違い、一般の人には仕事の内容がもっとも知られていない診療科の一つです。この理由として、大きな病院にしかない、患者さんと接触する機会が少ない等が挙げられます。
簡単に、放射線科の仕事を説明します。放射線科は病理部門、麻酔科などとともに病院の中では中央部門(すべての診療科に関わる部門)を構成する重要な科の一つです。診断部門では、皆さんよくご存じの CT、MRI等を用いて形態学的観点から病気の診断を行います。核医学診断ではラジオアイソトープ(放射性同位元素)を用いて機能的観点から病気の診断を行います。最近、放射線科医を志す若い医者も増えており、今後、ますます重要な診療科になるだろうと考えています。

現在CT 3台(年間31000件),MRI 3台(年間11000件),核医学SPECT 2台(年間250件),心臓領域を除き頭部領域を含む全身の血管撮影(年間300件)を各科から依頼を受けて施行しています。
IVR(血管撮影の技術を応用して行う治療)としては副腎支脈静脈採血、大動脈ステントグラフト留置、肝癌の血管塞栓術,静脈ポート留置術、BRTO(胃静脈瘤塞栓術),血管拡張術 (PTAとステント留置),膀胱癌の動注療法,膵炎の動注療法,骨盤外傷の止血術、消化管出血の塞栓術、 CTガイド下生検ドレナージなどが主体です。
なお当院では電子カルテ,院内全体PACS(医用画像ファイリングシステム)が導入されており,コンピュータ上でレポートシステムを活用し画像診断を行っています(フィルムレス)。

中央放射線部との関連

当院の中央放射線部は、診療放射線技師によって構成される技術者集団です。病院によっては放射線科と一体となっています。放射線機器操作の専門家で、放射線照射や写真撮影には欠かせない職種です。それに対し、出来上がった写真を見て診断したりするのが放射線科医の仕事です。

そうです。私たちはお互いに大事なパートナーなのです。

診療内容

  1. 一番重要な仕事は、画像から病気を診断することです。
    当院では、CT、MRI、心臓以外の血管撮影、単純 X 線写真は、放射線科の医師が読影レポートを作製しています。
  2. 画像診断に必要な手技を応用して治療を行うこともあります。
    CTを利用した針生検や、病変部のマーキング。血管内カテーテルも放射線科画像診断医の仕事です。

診療スタッフ

氏名 専門 専門医・認定医等
放射線IVR科部長 松井 青史 診断 放射線診断専門医
IVR専門医
放射線診断科部長 守屋 信和 診断 放射線診断専門医
IVR専門医
マンモグラフィ認定医
放射線IVR科副部長 小池 祐哉 診断 放射線診断専門医
IVR専門医
ステントグラフト指導医
放射線診断科医師 小原 大地    
殿内 まどか    
米津 美樹    
放射線治療科医師 松井 とにか 治療 放射線治療専門医
非常勤医師 海津 久 治療 放射線治療専門医
糟谷 健夫 治療 放射線治療専門医
伊藤 英子 治療 放射線治療専門医

外来診療日【放射線治療科】

受付時間 8:15〜11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)
※「予約」は事前予約または紹介状が必要です。
※初めて受診される方は、初診診療状況一覧表をご覧ください。

※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

放射線治療科 診療概要・特色

当院の理念「みんなでやさしい明るい医療」に基づき、患者さんが最大限の利益を得られることを最優先に考え、医師、看護師、診療放射線技師、受付係からなる医療スタッフのチームワークにより安全安心でより効果的な放射線治療をめざしています。
 主治医は初診時に診察した医師がなり、患者さんに対し放射線治療前の説明、同意、治療中の診察、治療後の経過観察を行います。
 医療スタッフは毎週1回の放射線治療カンファレンス、その他適宜放射線治療中の患者さんの治療内容、局所および全身状態、精神状態につき話し合って問題点を共有することに努めています。

放射線治療科 診療内容・対応疾患

リニアック2台を用いた放射線治療を行っています。
 うち1台は、cone beam CT による画像誘導照射や呼吸同期装置を備えた国内最高水準の高精度放射線治療装置Varian社製True Beamで、2014年4月より前立腺がんに対してIMRTを最新方式(VMAT)で試行開始し、9月より肺癌に対する体幹部定位照射(ピンポイント照射)を開始しています。

放射線治療科臨床実績

【放射線治療部門の原発巣別新規取扱件数】

  平成23年度 平成24年度 平成25年度
脳・脊髄腫瘍 17件 23件 12件
頭頚部腫瘍(甲状腺腫瘍含む) 52件 45件 40件
食道癌 17件 10件 10件
肺癌・気管・縦隔腫瘍(うち肺癌) 100件 87件 53件
乳癌 85件 81件 107件
肝・胆・膵癌 3件 2件 4件
胃・小腸・結腸・直腸癌 16件 16件 11件
婦人科腫瘍 19件 11件 7件
泌尿器系腫瘍 67件 49件 50件
造血器リンパ系腫瘍 5件 18件 13件
皮膚・骨・軟部腫瘍 0件 1件 1件
その他(悪性腫瘍) 2件 0件 0件
良性疾患 5件 13件 0件
年間総取扱件数 388件 356件 308件
ページの先頭へ