診療科目

トップページ > 診療科目 > 専門診療科 > 呼吸器内科

呼吸器内科

how_to_reg完全紹介予約制

医師紹介

 
  • 副院長
    呼吸器センター長
  • 前原 孝光(まえはら たかみつ)
  • ● 卒業年次:
    昭和58年
  • ● 専門分野:

    呼吸器外科

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本呼吸器外科学会指導医・専門医、日本外科学会指導医 ・ 専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医・指導医、日本胸部外科学会認定医

 
  • 呼吸器内科部長
    アスベスト疾患ブロックセンター長(兼務)
  • 伊藤 優(いとう まさる)
  • ● 卒業年次:
    平成4年
  • ● 専門分野:

    呼吸器内科学

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会認定内科医、総合内科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、日本アレルギー学会アレルギー専門医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医、日本呼吸リハビリテーション学会呼吸ケア指導士

 
  • アスベスト疾患ブロックセンター副部長
  • 小澤 聡子(こざわ さとこ)
  • ● 卒業年次:
    平成10年
  • ● 専門分野:

    呼吸器内科学

  • ● 学会専門医・認定医:

    日本内科学会認定内科医・総合内科専門医、日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医、日本アレルギー学会アレルギー専門医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、日本職業・災害医学会労災補償指導医、日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会呼吸ケア指導士

compare_arrows横スクロールで続きを表示

役職氏名卒業年次専門専門医・認定医等
医師 川島 英俊 平成23年 呼吸器内科学 日本内科学会認定内科医
医師 伊藤 悠 平成26年 呼吸器内科学 日本内科学会認定内科医
医師 相子 寛子 平成26年 呼吸器内科学 日本内科学会認定内科医
医師 井澤 亜美 平成28年 呼吸器内科学

診療科紹介

1.当科の診療体制(平成 30 年度の病床数は 27 床)

呼吸器内科 常勤医師 5名
非常勤医師 1名(週1回専門外来診療を担当)

カンファレンスの定期開催
入院症例検討 週1回
呼吸器内科・外科合同 週1回
病理診断科・呼吸器内科・呼吸器外科合同 週1回

2.当科の特色

当院では、呼吸器内科と呼吸器外科が呼吸器センターとして一体となった体制で呼吸器疾患診療にあたっていることが大きな強みとなっています。内科・外科は同じ病棟と外来診療室で診療に従事し、相談・連携を滞りなく行うことができる環境が整っています。また、アスベスト疾患ブロックセンターと一体化し、胸膜中皮腫などのアスベストが関与する疾患の診断と治療にも積極的に取り組んでいます。
当科は3年前から新体制となり、当地域の呼吸器診療レベルの向上に貢献するための取り組みを行ってきました。

  1. 院内の各診療科、診療部門、医療チームとの連携強化

    ・地域がん診療拠点病院として、肺がんに対する集学的治療のレベルの向上を図る

    ・放射線IVR 科の協力の下で、CT 下生検を積極的に行うことで正確な診断の向上に努める

    ・薬剤部と連携した吸入療法支援体制を確立させる

    ・中央リハビリテーション部と連携した呼吸リハビリテーションの積極的な推進と普及を図る

    ・院内の呼吸ケアサポートチームの一員として、呼吸不全管理の診療レベル向上を目指す
  2. 呼吸器専門検査の積極的な新規導入
    呼吸抵抗検査(モストグラフ)
    呼気一酸化窒素(NO)測定検査
  3. 呼吸器内視鏡による検査・治療の改善と技術向上

    ・外来検査を基本として、安全性に配慮しながら、現在ほぼ全例に経静脈麻酔下での検査を行っ ています

    ・気管支鏡治療の新規導入

     気管支塞栓術(EWS) :難治性気胸、有瘻性膿胸、喀血気管支サーモプラスティ:難治性重症喘息

    ・さらに、従来の気管支鏡検査に加えて、今年度中に超音波呼吸器内視鏡検査が導入される予定 です

  4. 新規呼吸器疾患専門治療薬の早期導入

    新規治療薬を患者さんに適切に提供できるよう、早期導入を行うように努めています

  5. 肺炎球菌ワクチン接種の積極的な推進
  6. 地域診療への関わりを深める

3.主な対象疾患と治療

主に担当する領域は、気管・気管支、肺、胸膜、縦隔の疾患です 肺がん、胸膜中皮腫
呼吸器感染症(高感染性の肺結核症を除く)
びまん性肺疾患(間質性肺炎、薬剤性肺障害、過敏性肺炎など) サルコイドーシス
気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支拡張症続発性気胸、膿胸、その他の胸水貯留
慢性咳嗽
慢性呼吸不全

認定施設

  • 日本呼吸器学会認定施設
    • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設
  • 日本アレルギー学会アレルギー専門医教育研修施設

主な実績

臨床実績

compare_arrows横スクロールで続きを表示

見出し平成26年平成27年平成28年
入院定床 22床 22 床 22 床
のべ入院患者数(年間) 336人 137 人 391 人
外来患者数(1日) 49.3人 45.5 人 57.9 人
気管支鏡検査数(年間) 125件 33 件 125 件

外来案内

診察時間

新患

★伊藤 ☆小澤 川島 伊藤(悠)

相子

川島 伊藤(悠) 髙橋

相子

★伊藤

午前/再来

★伊藤 ☆小澤 川島 伊藤(悠)

★伊藤 相子
(アスベスト)☆小澤

川島 伊藤(悠) 髙橋
(アスベスト)☆小澤

★伊藤 相子
(アスベスト)☆小澤

★伊藤 ☆小澤 井澤

午後/再来

★伊藤 ☆小澤 川島 伊藤(悠)

★伊藤 
(アスベスト)☆小澤

川島 髙橋
(アスベスト)☆小澤

★伊藤 相子
(アスベスト)☆小澤

★伊藤

(注)★印 : 部長 ☆印 : 副部長
受付時間 8:15 ~ 11:00(予約の方は予約時間に合わせて受付いたします)
※呼吸器内科は完全紹介予約制です。

呼吸器疾患の原因は非常に多彩であるため、当科では適切な医療を行う上で初診時の詳細な医療面談を重視しております。このため、時間的・人員的な制約から制限なしに新患患者さんを受け入れることが難しく、現在当科は完全紹介予約制とさせて頂いております。外来初診枠につきましては、より早い予約をお取りできますように、登録医の先生方には一般初診紹介枠とは別に登録医枠をご用意しておりますので、こちらもご利用頂けますと幸いです。
緊急の対応が必要な方のご紹介につきましては、ご連絡を頂ければ当日の当科救急担当医師が対応させて頂きます。
当科は呼吸器一般診療を広く行っておりますので、咳嗽、喀痰、息切れ等の呼吸器症状の精査、胸部異常陰影の精査、各呼吸器疾患の評価や管理のご相談、在宅酸素療法の導入依頼など、お気軽にご相談ください。
尚、現在当院では睡眠時無呼吸症候群に対する精密検査は行っておりませんので、睡眠時無呼吸症候群の精査や新規導入が必要な患者さんにつきましては、予め他の専門施設へのご紹介をお願い致します。
また、自然気胸につきましては、当院では呼吸器外科が初診対応となります。

呼吸器内科コラム

add一覧を見る