リウマチ科・膠原病内科

診療概要

リウマチ科・膠原病内科は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなど、全身性自己免疫疾患の診断、治療を行っている部門です。

「自己免疫疾患」や「膠原病」、「リウマチ」という言葉はあまり一般的に使われる言葉ではありません。患者さんの数もそれほど多くはなく、「リウマチ」や「膠原病」になると、難病だから助からないという誤った考えを持っている方も多いようです。また治療の中心となる薬剤のひとつである副腎皮質ステロイドの使用に抵抗感を持ち、受診をためらったり、民間療法のみに頼ってしまったりするケースも少なくありません。そのような誤った考えを持つ前に、まず当科を受診し、専門医と相談されることをおすすめします。

診療内容

関節リウマチ

関節リウマチは、全身性自己免疫疾患の中では最も多い疾患です。中年の女性に多く、全身の関節に破壊性の炎症が起こります。以前は有効な治療法もあまりなく、治療も弱いものから始め、ひどくなると徐々に強いものに変えていくという方法がとられていたため、活動性が高い場合には骨破壊がどんどん進行し、寝たきりになってしまうこともありました。しかし、骨破壊が進行してしまった後でいくら強い治療をしても、一度壊れてしまった骨は元のようにはなりません。近年、治療法の見直しがあり、初めに強い治療を行いしっかりと病勢を抑えてから、弱い治療で維持していくという方法がとられるようになってきました。当科では、この方式を積極的に取り入れ、治療にあたっています。

また近年は関節リウマチの炎症を引き起こしている炎症性サイトカインと呼ばれる物質を特異的に抑える、いわゆる「生物学的製剤」が日本でも広く使われるようになってきています。これらの薬剤は極めて高い有効率を認めるのみならず、強い関節破壊抑制効果があります。当科でも必要に応じて、生物学的製剤を使用しており、感染症等の副作用や高額な治療費といった問題はありますが、今後のリウマチ診療の中心を担っていく薬剤になると思われます。当科でもすでに多くの症例に治療を行っています。

膠原病

膠原病というのは、1つの病名ではありません。全身性エリテマトーデスや強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、シェ―グレン症候群など、自己免疫により全身に多臓器の障害が起こる疾患をひとまとめにして膠原病と呼んでいます。膠原病は原因もよく分かっていませんし、多臓器に障害が起こるため、以前は生命に関わる重症でした。しかし、副腎皮質ステロイドを大量に用いる治療法が一般化するにつれ、治療成績はみるみる改善し、今やそれほど恐ろしい病気ではなくなってきた感があります。しかし、診断がなかなかつきにくいこと、多臓器に問題が起こること、治療には専門知識が必要なことから、専門家のいる医療機関での管理が不可欠です。

当科は、総合病院ならではの他科専門家との共同作業が可能であり、ステロイドはもちろん、免疫抑制剤を用いた最新の治療を行っています。またステロイドの副作用に対する予防(骨粗鬆症に対するビスホスホネート製剤やビタミンD製剤の投与)や早期発見(感染症、糖尿病、高脂血症、白内障・緑内障等)にも、最新の知見を踏まえて積極的に取り組んでおります。

膠原病類縁疾患

膠原病の範疇には入らないものの、やはり自己免疫機序で全身に症状が出てくる疾患群を膠原病類縁疾患とひとまとめにして呼んでいます。ベーチェット病、リウマチ性多発筋痛症などがこれにあたります。これらの疾患は、専門家でも注意していないとなかなか診断までたどりつかないこともあります。治療はステロイド中心ですが、近年は免疫抑制剤が使用されることもよくあります。

診療スタッフ

氏名 専門 専門医・認定医等
リウマチ科部長
膠原病内科部長
北 靖彦 リウマチ・膠原病
一般内科
日本内科学会認定内科医・指導医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会リウマチ指導医・専門医
日本リウマチ財団リウマチ登録医
副部長 藤原 道雄 日本内科学会認定内科医・指導医
日本リウマチ学会リウマチ指導医・専門医
医師 石川 雄一   日本内科学会認定内科医
粕谷 忠道    

外来診療日

外来診療

リウマチ科・膠原病内科では、毎週月〜金曜日の午前中にリウマチ・膠原病専門外来を設けております。当院では全科予約制を取っており、初診日にも当日予約枠を取得していただき、診療時間が決定します。事前に予約を取ることが可能ですので、当院予約センター(TEL 045-474-8882 / 045-474-8883 / 045-474-8884)にお問い合わせ下さい。

受付時間 8:15〜11:00(予約の方は、予約時間に合わせて受付いたします)

(注) ★印:部長 
※手術・緊急呼び出し等により予告なく担当医に変更のある場合があります。ご了承ください。

病棟診療

外来で管理できない病態の方は、内科入院病棟に入院していただきます。主に1名の医師が主治医として担当しますが、専門医師・専修医・研修医がディスカッションしながら検査・治療にあたっています。

臨床実績

項目 患者数
外来患者数(名) 893.2
入院患者数(名) 84
内訳 全身性エリテマトーデス 15
シェーグレン症候群 16
多発性筋炎・皮膚筋炎 8
強皮症 1
関節リウマチ 30
顕微鏡的多発血管炎 5
リウマチ性多発筋痛症 6

(2015年度)

ページの先頭へ