患者の権利

患者の権利と責務

横浜労災病院は、医療とは患者さんと医師をはじめとする医療提供者とが相互の信頼関係に基づき、協働してつくり上げていくものであると考えています。

横浜労災病院は、「みんなでやさしい明るい医療」の提供を目指すとの理念の下、患者さんの立場に立った良質で安全な医療を提供するため、患者さんの基本的な権利を明確にするとともに患者さんに守っていただく責務を定め、「患者の権利と責務」としてここに制定します。

患者の権利

  1. 個人として尊重され、良質な医療を公平に受ける権利

    患者さんはだれでも、治療や検査などに当たり、社会生活を営む一人の人間として尊重され、一切の差別を受けることなく、適切な医学水準に基づいた安全かつ適切な医療を公平に受ける権利があります。

  2. 十分な説明と情報提供を受ける権利

    患者さんはだれでも、検査や治療の必要性、危険性、他の治療方法の有無などについて、理解しやすい言葉や方法で納得できるまで十分な説明と情報の提供を受ける権利があります。

  3. 自らの意思で選択・決定する権利

    患者さんはだれでも、自分の意思で受ける検査や治療方法を選定し、または望まない医療を拒否する権利があります。そのため、自らの診療情報の開示や他院を含め他の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。

  4. 個人情報やプライバシーを保護される権利

    患者さんはだれでも、診療過程で得られた自らの個人情報とプライバシーを守られる権利があります。

  5. 新しい薬の臨床試験や研究途上にある治療について、これを受け、またいつでも拒否できる権利

    当院で実施している新しい薬の臨床試験や新しい治療法の研究開発については、その目的、危険性などに関して十分な情報提供を受け、患者さん自らの自由な意思に基づいてこれを受け、またいつでも拒否することができます。

患者の責務

  1. 正確な情報を提供するとともに、疾病や医療を十分理解する責務

    患者さんには、医療提供者が的確な判断を行えるよう、自らの健康に関する情報をできる限り正確に医療提供者に伝える責務があります。また、納得できるまで質問をするなどして自らの疾病や医療について十分理解する責務があります

  2. 医療に積極的に取り組む責務

    患者さんには、検査や治療について納得し合意した方針に意欲を持って取り組む責務があります。

  3. 快適な医療環境づくりに協力する責務

    患者さんには、他のすべての患者さんが快適な環境で医療が受けられるよう、病院の規則や病院職員の指示を守る責務があります。

  4. 社会的ルールを守る責務

    患者さんには、社会的なルールを遵守し、他の患者さんのプライバシーや権利を尊重し、また、医療費を適正に支払う責務があります。

ページの先頭へ