個人情報保護

当院における個人情報保護管理指針及び利用目的について

当院では、患者の皆さま個人の診療情報については下記の目的に利用し、その取扱いには万全な体制で取り組んでいます。なお、疑問などがございましたら担当窓口にお問合せください。
また、患者の皆さま個人の診療情報を適切に保護する観点から、別に定める「横浜労災病院個人情報保護管理指針」により、厳格な運用管理を行うことを宣言します。
横浜労災病院 院長

当院での患者の皆さまの個人情報の利用目的

院内での利用

院外への情報提供としての利用

その他の利用目的は

院内での利用

医学・医療の発展に資する教育、研究(完全匿名化)

院外への情報提供としての利用

横浜労災病院個人情報保護管理指針

横浜労災病院は、独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第59号)及び個人情報の保護に関する基本方針(平成16年 4月2日閣議決定)の規定に基づき、当院が保有する全ての個人情報(以下「個人情報」という。)の適正な保護管理に、保護管理指針を設けて取り組みます。

  1. 当院は、取得した患者の皆様の個人情報について、適切な安全管理を講ずることにより、患者の皆様の個人情報の漏えい、紛失、き損又は患者の皆様の個人情報への不正なアクセスを防止することに努めます。
  2. 当院は、患者の皆様からご提供いただいた個人情報を、患者の皆様の加療並びに療養及び健康保持・推進など患者の皆様にとって有益と思われる目的のためのみに使用いたします。
  3. 当院は、あらかじめ患者の皆様の事前の同意を得た場合を除き、患者の皆様の個人情報を第三者に提供しません。ただし、次の各号に該当する場合は、患者の皆様の同意を得ることなく、患者の皆様の個人情報を第三者に提供することがあります。
    1. 法令の定めに基づく場合
    2. 人の生命、身体又は財産の保護のために必要であって、患者の皆様の同意を得ることが困難である場合
    3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために必要であって、患者の皆様の同意を得ることが困難である場合。
    4. 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令に定める事務を遂行することに対し協力する必要がある場合であって、患者の皆様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合。
  4. 当院は、職員に対し個人情報保護管理に関する教育啓発活動を実施するほか、個人情報を取り扱う部門ごとに管理責任者を置き、個人情報の適切な管理に努めます。
  5. 当院の患者サービス遂行において業務委託する場合については、より個人情報の保護に配慮したものに見直し・改善を図ります。業務委託契約を締結する際には、業務委託の相手としての適格性を十分に審査するとともに、契約書の内容についてもより個人情報の保護に配慮したものとします。
  6. 患者の皆様が、ご本人の個人情報の照会、修正等を希望される場合は、当院担当窓口までご連絡いただければ、合理的な範囲で速やかに対応させていただきます。
  7. 当院は、患者の皆様の個人情報の取扱いに関係する法令その他の規範を遵守するとともに、本個人情報保護管理指針の内容を継続的に見直し、改善に努めます。
  8. 当院が保有する診療録等の診療情報に関して患者の皆様の求めに応じて提供する場合には別に「横浜労災病院における診療情報提供に関する規程」を制定して運用します。

付記
この指針は平成17年4月1日交付する
平成19年3月1日改訂
平成20年4月1日改訂
平成25年6月21日改訂

ページの先頭へ