リクルート

臨床研修

臨床研修理念

横浜労災病院における医師臨床研修では、
1.心のかよったやさしい医療を行える医師の育成
2.高度な医療機能の活用と医師に要求される基本的臨床能力の修得

を目指す。

臨床研修基本方針

1.患者の健康上の諸問題に適時、的確に対応できる医師となるべく、患者を全人的に診ることができるプライマリ・ケアの基本的診療能力を修得させる。
2.医師、看護部門、コ・メディカル部門等との連携・協力によるチーム医療を実践し得るコミュニケーション能力を身に付けさせる。
3.労災病院で研修することの意味を考えさせ、高度な労災医療の知識を身につけさせるとともに、勤労者医療について理解させるように努める。
4.患者やその家族の立場に立った医療の実践ができるよう人格の涵養をめざす。

NPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)による認定


  • 当院は、第三者機関からの評価として「NPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)」が実施している卒後臨床研修評価を受審し、同機構の定める認定基準に達成していることが認められ、2018年8月1日付けで認定書が発行されました。
    今後も医師臨床研修の質を向上させるため日々努力してまいります。

臨床研修指導医の資格取得

平成30年4月1日現在、当院では臨床研修指導医講習会に出席し、臨床研修指導医の資格を取得した医師が89名おります。

※当院の臨床研修に関してご意見がありましたら、下記メールアドレスまでお寄せください。

Mail: